3月22日予定よりだいぶ遅くれて生まれる。

幼少時

母親曰く「小さい頃はなんでも歌にしていた」知可は3歳からヤマハピアノ教室にてピアノを習い始める。

天真爛漫に育ち「好きじゃないから」という理由で体育の授業を倉庫に隠れて過ごすという自由奔放な少女でした。

 

弟が生まれ、弟がバービーで遊び始めた時に、

「このままではいかん!」と思い立ち、弟を男らしくするため、あえて自ら「男らしい姉」になることを決意。その頃は男三兄弟と思われることもしばしば。

風邪も引かずに元気が取り柄のようなこの頃。

更にやんちゃ度を増していくのでした。

 

 

 

 

小学校~中学校

小学校では音楽とバスケットに夢中になり

地域のお囃子も習い始め、お祭りではお囃子の笛を吹いていました。小学校の恩師、藤巻先生に出会い更に音楽の楽しさを知る。

中学入学を期に愛知県へ引っ越すことなり、一時東京のお友達とお別れ。

愛知県の中学は音楽の盛んな学校で、ここでもまた良い音楽の先生との出会いがありました。

洋楽に出会ったのもこの頃。

流行りの音楽にあまり興味が持てずに担任の先生に良い音楽を教えてほしい、と言って貸してくれたのは

「カーペンターズ」のCD。

そして、クラスメートの男の子にもCDを借りました「シンディ・ローパー」でした。その頃が洋楽との出会いです。ラジオからは「マライア・キャリー」や「ホイットニー・ヒューストン」が流れていました。外国の人のうたのうまさに驚きながら憧れていました。

しかしその頃はまだ私は歌ではなく、吹奏楽に夢中。朝練、筋トレ、笑スポ根のような部活を送っていました。

中学校一年生の時に先生に「出なさい」と言われるがまま出た吹奏楽コンクール、ソロ部門ピッコロソロでまさかの金賞。その時吹いたのはスーザの「星条旗よ永遠なれ」しかし、その年にまた東京へ引っ越をしなければならず、、、たった一度の出場となりました。

引越し後も吹奏楽部に入るが、レベルの差に愕然とする。そして田舎と東京の文化の違いにカルチャーショックを受けました。多感な時期の環境変化はとても大変なことだったなぁと今も思います。

 

高校時代

高校時代も吹奏楽部に入部、勉強よりも音楽浸りな生活。高校の時にはラジオをよく聞いていました。
高校の国際コースに入学したのもあり、この頃はもう洋楽しか聞かなくなってました。「ジャミロクワイ」CD買ったよね。あとは「エリック・クラプトン」「ベビーフェイス」「スパイスガールズ」「グロリア・エステファン」とかね。ラジオから流れててよく聴きました。

学校ではクラスの音楽の授業を偵察に笑行ったり、社会の授業をサボって(ごめんなさい)音楽室行っては歌っていたのでした。その頃歌ってたのは多分マライアと「天使にラブソングを2」の曲。今シンガーソングライターとして活躍する親友とこればかり歌っていました。

そろそろ受験の準備をしなければ、と予備校に入ったところで、謎の激痛が身体を襲い、歩行困難となる。

原因わからぬまま、痛み止めを飲みつつ学校にかようも、ついに階段が登れなくなり、ついに学校に通えなくなりました。

なんとかたどり着いた東京女子医大で「難病」である可能性が高い、ていうかほぼそうでしょう。診断されたのはSLE(全身性エリテマトーデス)でした。、突然の入院生活がはじまった。

何度か入退院を繰り返しながらも、高校はなんとか卒業。その頃はもう受験なんて頭のどっかに消えてしまった。なにがしたいんだろう?浮かんできた言葉は

「うたう」だった。その時に「私はうたうんだ」と気づく。

リハビリのつもりでバイトをはじめるが、身体がもたない笑ほとんど怠け者のようにしか見えない私に周囲はイライラ。

洋楽ばかり聞いていた私は「ジャズ」に興味を持つ。

なぜこんなに自由にかっこよく歌えるんだろう?

それを紐解きたかった。

そして初めて歌を習い始めました。

最初の先生がこれを聴きなさい、と教えてくれたのは「エディット・ピアフ」と「ビリー・ホリデイ」そして「ホリー・コール」

 

前者二人は10代の私には強烈過ぎて、まだよくわかりませんでした。今ならわかる気がします。今、本気で聴こうと思ったら勇気とカロリーがいる二人だと思います。

両親を説得して、音楽の学校に通わせてもらう。そこでジャズ理論やら、コードやらを学ぶ。

そこでバークリーから帰ってきたばかりの石井智子さんに師事。発音のディレクション、スキャットの基礎を学びました。

けれどもやはり「現場が一番の勉強の場だろう」と気付き、その頃から勇気を出してライブハウスに行ってみることに、、、、。

 

その頃であった高田馬場にあるゲートワンというお店。まだミュージシャンも知らない、歌わせてもらえる場所もわからない私に「うちで歌ってみない?」と声をかけてくれたのが、そこのオーナーである梶原まりこさん。その後まりこさんとは親交を深め現在はいろんな意味で母親のような存在になっています。

 

専門学校を卒業したものの、体力や自分の身体に自信が持てず、迷っていた頃。この頃再びSLEが再発。

この時の入院はとても長く、苦しいものになりました。薬の副作用で世界が暗闇になってしまった。ここから社会的に復帰するのに約3年ほどかかったと思います。

なんとか「自分」を見つけなくてはいけない、「私」が「私である存在理由」それは「歌うこと」でしかないと再び強く決意し、歌い始め現在に至る。

 

音楽を深めていくうちに、自己表現とはなにかを考え始める。現在はオリジナルソングの制作に力を入れている。